◯◯らしく生きれるほど簡単じゃない

ジャニーズのアイドルグループNEWSについて崇め祭るブログ

〜歌割りから読み解く〜NEWSメンバーのココに高まりませんか?大賞

 

大変なことが起こっている。

アイドルグループNEWSのメンバーキャラ立ち過ぎ問題。それはNEWSが一番大切にしている「歌」にもビンビンに影響が出ている。嗚呼、由々しき事態。今回お話したいのはNEWSの「歌割り」が此れ素晴らしいぞ、ということ。

歌割り担当者さん(具体的な職業名=不明)はそのメンバーの雰囲気や性格を分かった上でパートを決めて下さっている(と察する)、どうも有難う。わたし個人的に、割り振られたパートがそのメンバーのわたし的イメージにどハマりしているとそれはもう、ええ、高まります。そこで、聞かれてもいないのに勝手に大開催。

 

「〜歌割りから読み解く〜NEWSメンバーのココに高まりませんか?」大賞

※NEWSのメンバーごとに第五位まで選出

※メンバーに割り当てられた「歌割り」からそのメンバーの思いを妄想していこうという、わたしの欲望丸出しのゴミ企画にあたり、ユニゾンで歌われているサビ及び歌割りが存在しないソロ曲は除外とする(チッ)

※メンバーのイメージに関しては妄想7割・事実3割くらいのスタンスでやっていくので

話半分でお付き合い下さい(ここすごい大事)

  

Let me Let go いこうぜ いこうぜ~い

 

 

小山慶一郎

第五位 : どうか忘れないで 誰よりも 君を愛する人がいたことを

【永遠】(シングル・四銃士/通常盤収録)

 

こんなに愛してるって伝えたくて 誰より愛してるって伝えたくて」→ 「綺麗な雨 君が流した 涙の雨 輝いていて」→ 「絡めた指先にいつも感じてしまうためらいが」→ 「どうか忘れないで 誰よりも 君を愛する人がいたことを」→「今すぐ会いたい 今すぐ会いたい  あなたに 終わらないエレジー」→「君との思い出が今日は輝いて見える 僕の未練のせいかな

 

ねぇ見てこのまるで小山さんのソロ曲みたいな「永遠」の歌割りすごいハマってる。こう並べてみると小山さん本当に不憫(ふびん)な恋愛しかしていない、何か悪いものが憑いてるんじゃないかと。一回少プレでプレミアムなお祓いに行って?憑き物落として幸せになって?(テレ東: 恋知ら番協の絵文字)

 

小山さんはきっと別れのタイミングで取り乱したりしない。今まで色々な物を手放して生きてきた小山さんは、もう気持ちが離れてしまってしまったら二度とここへは戻って来ないという事を知っているから。「君」を大切に大切に囲って自分の中にしまっておいたのに。きっと最後にかかってきた電話は(部屋に置いてある服とか化粧品とか、今度取りに行くね)、っていう事務的な会話。物分りの良い自分と(どうして?)っていう自分に挟まれて、最後に少し意地悪をしたくなってしまったズルい小山さんは、電話を切る直前に思わず口に出してしまう・・・

「なんかさ・・・今までで一番好きだったと思う、俺・・・◯◯のこと・・・」

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・。(小さく流れ始める B'zのLOVE PHANTOMのイントロ)

 

 

 

 

第四位: 焼き尽くせ 困惑色に染まる野望 失望に枯れた理想ごと

 【Super SONIC】(アルバム・White収録)

 

小山さん×「赤」の化学反応

私たちが目にする小山さんって局アナで爽やかでしっかりしてて、切れ長の目が涼し気で。ツアーの話し合いで増田さん加藤さんがバチバチやり合ってる時に俯瞰(ふかん)で話を聞いていた小山さんがサッと中立案を出す、っていうどちらかというと冷静さをイメージさせる「青」のイメージではないですか?そんな小山さんが黒煙を上げる炎を操りながら「失望に枯れた理想ごと焼き尽くせ」って歌うの、どちゃくそ高まりませんか?え、ちょ、いつ?いつから!?When?いつからそんなん持ってるの?出してきた・・・遂に出たぞーーーーーーーーーー!!!時代が違えば村じゅうを裸足で走り回っていたところなんですがわたし・・・。よかった、2,000円くらいあれば東京靴流通センターしまむらで靴が買える時代で・・・。

 

理想ごと焼き尽くす、って云うのがハマるのはやっぱり手越さんでも増田さんでも加藤さんでもなく小山さん。小山さんこういうの多いからこれわたしのブログであと3万回は言うと思うあしからず。

 

衣装もそう。いつもあんな余裕で涼しい顔してるのに、強い力を持つ「赤」を着た途端に今まで陽の目を見なかった「いったんゼロにする」容赦の無い小山さんが滲み出てしまう。うそ・・すき(鼻息)小山さんの「赤」はアンバランス。その不安定さに、私たちはドキドキさせられる。

 

 

第三位: ほら あんな男なんて 忘れろよ 俺といろよ

【ベサメ・ムーチョ〜狂おしいボレロ】(アルバム・NEWS収録)

 

みんなが大好きな「三角関係でわたしを取り合うのは止めて・・・?」の構図。小生はかれこれ20数年このイベントを待ってるんですが、界隈で全く発生の兆しがないのなんでよ、まぁ黙っときます。もうお気付きの方も多いと思いますが、何を隠そう、うちの小山さんはジャニーズ1「不倫ドラマの主演を見てみたいアイドル」(わたし調べ)です。おめでとう。不倫ドラマって「過去」「寂しさ」「執拗さ」全てを抱えていて欲しい。幸せになれなかった「過去」と、誰も自分を理解してくれないという「寂しさ」と、この人だと思ったら周りが振り落とそうとしてもそれでも一緒にいたいと思う「執拗さ」。ー罪悪感を抱えながらも堕ちていってしまう小山さん・・・ほら、見たくなってきたでしょ? ここでポイントになってくるのが「他に好きな人がいても良いから俺のこと好きになって」ではなく、「俺といろよ あんな男なんて忘れろよ」と、普段は平和主義で人を傷付けることは絶対にしない小山さんが、もう自分のモノにしてしまいたい一心で敢えて相手を引き合いに出している部分ですね。軽く失神してきますね。

 

 

第二位: 危ない口づけ あなたは Don't say No

【Dance in the dark】(アルバム・NEWS収録)

 

あえて聞きますが小山担でここ嫌いな方っています?よし、いない(指差し確認)。音源ver.はもちろん素晴らしいのですが、NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome [DVD/BD]で披露されたドンセイノーは皆さんご覧になりましたか?「危ない口づけ なたは(略)」の力強くて荒々しい「あ」・・・。え、手越さんにイタズラされて「あーーー!!泣」って言ってる慶ちゃんは?カフェで買った飲み物にガムシロップ入れようとして紙袋にッダーーっと入れた天然な慶ちゃんは?もしもし?あ、おまわりさんすいません、うちの可愛らしい小山さんが行方不明なんです・・・あ?いる?え?エブリに今出てる?あ・・・すいません・・・ガチャン。 荒々しくこちらの拒否権を奪った翌日、普段と変わらないあの涼しい顔でスーツ着て真面目にニュース読むとかまさに会社の同僚とひょんなことからそういうことになってしまったけど朝起きたら彼はもう居なくて、会社に行ったらいつもと変わらない彼が普段通り「◯◯さんおはよ♫」って昨日の夜は呼び捨てだったのに苗字+さん付けで挨拶してくるやつ (わたしいつもこれ言ってる)。

 

 

第一位: 誠実さも残酷も紙一重

【BLACK FIRE】(アルバム・NEVERLAND収録)

 

誠実であればあろうとする程、残酷に相手を傷付けてしまう。残酷な天使のテーゼって小山さんのことだったの?え?ほとばしる熱いパトスってなに?ずっと下ネタだと思っててごめんなさい!ここのパートの小山さんは(誠実であろうとして傷付けてしまう側)ではなく(相手が誠実さを貫き通すがゆえ、残酷なまでに傷付けられてしまう側)の歌い方であって欲しい。傷付ける小山さんも良いが、傷付けられる小山さんも捨て難い。

 

あ・・・前に少プレで加藤さんが言ってた「小山は傷付いている時が一番良い」(ニュアンス)ってこういうこと・・・?

 

 

 

手越祐也

第五位: 想いの針を 自在に回せ この世界は 誰のモノ

【NEVERLAND】(アルバム・NEVERLAND収録)

 

扉を開けると、重厚な音に誘われて暗闇の中から炎や水、光を纏った四人の案内人(※すこぶる顔が良い)が次々と語り掛ける一節。「想いの針を自在に回せ」ってさ、手越さんだから歌うことの出来る、力強いパート。「まぁもっとさあ〜固定概念に捉われないでさあ〜。ゆる〜い感じでやってけばなにごとも上手くいくんじゃん?Alright?」をとてもとても大袈裟に高貴でお洒落な言い回しにしたのがこの「想いの針を自在に回せ この世界は誰のモノ」だと思ってる。うちのエースはやっぱりスケールが違う・・・世界と戦える(真顔

 

 

第四位: ほら この手を掴んで

【メガロマニア】(シングル・チュムチュム/初回盤B収録)

 

ちょっと見て〜!ここすごい手越さんが溢れてませんか?きっと手越さんは「ほら、行くよ♡」って手を引っ張っていってくれるってよりかは「ほら、手掴んで?一緒に行こ?♡」って、掴むか掴まないかはこっち次第だけど「え、あ・・・うん」って迷ってるうちに自ずと手を掴んじゃう感じ。ズルいそして顔が可愛い。どうでも良いけど、さっきから(わたしの妄想上の)手越さんは一体何処に連れて行こうと・・・

 

 

第三位: 人の目なんて 気にしないで ゼッタイ 楽しんだもん勝ち

D.T.F】(アルバム・LIVE収録)

 

謎の納得感。まぁ机の下でズボン脱いだままラジオ(KちゃんNEWS 2017.7.18)をおやりになる方がおっしゃってるので間違いはないでしょう。手越さんはここ必ず笑顔で歌ってくれますねここ。なんですかね、あの手越さんの目を細めてにっこり笑った顔を見るとこっちまで多幸感に包まれる感じ。・・・そして、ここでも手越さんはわたし達に選択権を委ねる。ほら!人の目とか気にしないで!楽しんだもん勝ちだからね?♡ってパンイチの彼に笑顔で言われたら「え・・・あ、うん」ってなる(しかない)ので結局手越さんにはイエスしかないんですが。

 

 

第二位: 壁こじあけて ミラクル起こせ

WORLD QUEST

 

テレビ番組で手越祐也が紹介される時には大抵ここのライブ映像が使われてる。もう手越さんそのものでないですかここ?加藤さんが「壁こじあけて」だった場合、なんか色々ネットで事前に調べてきて一番使い勝手良さそうなドライバー的なものでしっかり四隅からネジ外してちまちまとこじあけてくれそうですが(※わたしはシゲ担ですdisってないです)、もう勢いとか力強さで周りを巻き込みながらバチーン突破口こじあけてミラクル起こしていく手越さんが見える・・・見えるよ・・・パトラッシュ・・・召されてきます。誰がなんと言おうとわたしは手越さんがNEWSにいるのが誇らしい。

 

 

第一位: あなたが僕を弱くするんだ

KAGUYA

 

・・・ドキっとしません?小悪魔で人生フットワーク軽く生きてそうな感じする手越さんから切ない表情でふと放たれる「あなたが僕を弱くするんだ」・・・・・・ドキっとしませんか?「あなたが僕を強くする」んじゃないんです、弱くするんです。 何事にも動じず己の力を信じて突き進んできた完全敵無し無双状態の彼の唯一の弱み、それは彼の愛した女性・・・ってこれ、まんまどっかの戦国歴史恋愛アプリの広告やんけと肩を落とすほどの敗北感・・・ファンタジーを地でいく男ユウヤテゴシ

 

 

 

増田貴久

第五位: 日射しが柔らかく ゆらゆら揺らめいてる 陽気に誘われて 君に逢いにいこう

【Love Melodies】(シングル・さくらガール/初回盤収録)

 

ごめんなさい、うちのプロアイドル増田貴久の表現力はエモい曲じゃなくても出ちゃうんですよ。絵を描くように本を読むように情景が浮かぶ歌い方をする増田さんだからこそ歌えるこのパートいいでしょ?。いっそ歌詞を全部「lalala」で歌わせても日射しが柔らかくゆらゆら揺らめいてる情景が浮かぶと思いせん?だよねだよね? 増田さんは(ゆらゆら)とか(ふわふわ)とかこういうオノマトペ(擬態語)がすごくハマる。笑った時のあったかい雰囲気とか「まっすーのぺんらいとがなーい・・・」(QUARTETTO東京ドームMCより)みたいな圧倒的園児感が、両手両足一緒に出してスキップしながら「君」に逢いにいく可愛い可愛い増田さんそのまま。

 

 

第四位: 褪せない誓い 守っていたい 星の歌のように

【SPEAKER】(シングル・四銃士/通常盤収録)

 

増田さんがわたし達に与えてくれるのは絶対的な「安心感」。守るって増田さんに言われたら安心してサバンナのど真ん中でも爆睡出来そうな安心感・・・(翌朝目覚めるとねぇねぇゾウのう◯ちから水取れた〜ニコ♡って悪気なく笑いかけてくる)。 皆さんはこの「星の歌」って何だと思いますか?わたしは・・・何千何億光年続く星の光のこと=星の歌 っていうお洒落解釈説が一つ。あと、次に浮かんだのはこれ。

 

みんないるかい 星をめざして君に導かれ 歌いながら ぼくは歩き出す

くり返さないさ もう二度とは同じ過ちを

(星をめざして)

 

同じ過ちを繰り返さないという褪せない誓いを守ってく増田さん(※勝手解釈)が良い男過ぎてもう手に負えない。

 

 

第三位: 「抱きしめたいな」って言って いつも心の中までされちゃって

【Share】(アルバム・LIVE他収録)

 

みんな!大変!増田貴久の「抱きしめたい」の包容力がエグい;;;;;;;なにこの、心の中まで「されちゃって」の、わたし達に逆に一本取られた感(語彙は死んだ) 。唐突ですが、増田さんとお付き合いするときっと直接的に(好きだよ)(愛してるよ)は言わないタイプだけど、発言を紐解いていくと(え・・・それってもしかして・・・//////)って、時差で赤面するっていう付き合い方になる多分。

 

 

第二位: Kept you waiting huh? We are Fantastic 4

【Wonder】(アルバム・QUARTETTO収録)

 

きっと、ましゅガールズは揃って増田さんの「ハッ」が大好き。シゲ担のあだすも好き。WORLD QUESTのラップ前の「ハッ・・・」で脚から崩れ落ちるます担の友人(の屍)を幾度も見てきた。「待たせただって?笑 俺たちFantastic 4だぜ?」っていうニュアンスでしょうか・・・・・・・・・・・・え、やだ、うそ・・・恥ずかしい・・・すごいダサい・・・(語弊) ・・・日本語に訳した途端に溢れ出す金曜ロードショーの日本語吹き替え版感・・・。このhuh?の鼻で笑う感じが、俗に言われている黒増とやらなんでしょうか教えて増田担の皆さん。

 

 

第一位: モノクロの景色を染めろ / 消せない色なんてない

【SHOCK ME】(シングル・チェリッシュ初回盤収録) /【MR.WHITE】(アルバム・White収録)

 

どうしてもどっちかに出来なかったので同率首位。 わたしから見る増田さんはNEWSに色彩を与えてくれるペインター。衣装とかステージとか視覚的なことは勿論、歌の表現力で曲に力を、色を与えてくれる。増田さんが歌う「モノクロの景色を染めろ」と「消せない色なんてない」はもう胸がいっぱいになる、胸アツ。このままわたしのブラのカップもTEPPEN目指してHigher groundしてってくれ。あとこの「消せない色なんてない」ってパワーワードみが酷くないですか?例えば「黒」って一見するとどんな色でも消せないとてもとても強い色に思えますが、「ずっと'白'が似合うグループでいたい」って増田さんが言うNEWSが!われらがにゅすちゃんの力強い「白」が!!黒さえも!!塗りつぶすんですよ消せない色なんてないんですよにゅすちゃんには;;大勝利

 

 

 

 

加藤シゲアキ

 

第五位: 愛してると 確かめ合おう 何度も

【SNOW EXPRESS】(アルバム・color収録)

(新歌割りはNEWS LIVE TOUR 2015 Whiteより)

 

は?・・・愛してると?確かめ合おう?

 

 

ちょっと聞こえなかったんでもう一回いいですか?

 

 

・・・・(小さく流れ始める B'zのLOVE PHANTOMのイントロ) ←2回目

 

加藤さんはあれだけの美貌なのに、それにあまり価値を見出してないところが良い。自分で自分の魅力に気付いていない男性ってDOERAI魅力的じゃないですか?自分の魅力が分からないから本当に愛されているのか不安になって、何度も愛を確かめ合ってしまうんですよしんどい展開ですね深謝です。まぁこの曲的にはお互い純度120%で愛し合ってる前提で何度も確かめ合おう(意味深) ってことだと思いますので、勝手に解釈を変えて申し訳ない。あと余談だけど、本当に自分が愛されているかどうか不安に思いながら愛に堕ちていく役柄の加藤さんのドラマ待ってるねキャスティングに権限のある人☆〜(ゝ。∂)

 

ちなみにNEWS LIVE TOUR 2015 Whiteでこれを歌う加藤さんなんですが・・・・・・物凄いかっこいいセクシーなパートなのにも関わらず、何故かスタンドマイクが一瞬ガクッ!!!!! って微妙な角度になってしまうところがすごい加藤さんって感じでした。

 

 

第四位: 夢だけみて 君をみないで 寂しい思いを

【ケセナイ】(アルバム・color収録)

 

分かる〜分かる分かるよお〜。失礼な話ですが、これくらいの頃の加藤さんって知らず知らずのうちに相手に寂しい思いをさせがち感ないですか?ひと昔前の首もとゆるゆるトップスばっかり着てる加藤さん(=ギャル) はきっと、大切な「君」が居なくなってしまってから寂しい思いをさせてた、って気付く・・。これ、音源をお持ちの方はぜひ聴いていただきたいのですが、ギャル上がりの加藤さんはここを涙が出そうな程優しく愛おしく、慈しむ(いつくしむ)ように歌っています。2:28からですもし良かったらぜひ絶対何があっても今行っている作業を中断してでもぜひ聴いて下さ・・なにとぞ;;;;;;

 

 

第三位: 追い込まれてくたび 昨日の自分を越えてく

【SEVEN COLORS】(シングル・ONE-for the win-他収録)

 

追い込まれた末に自分の才能(執筆)でNEWSに居場所を見つけた過去や、「ライブっていうものをまた次の日から追いかけちゃうんだろうな〜」(NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO 通常盤ドキュメンタリーより)がこの歌詞とリンクしてしまう。一番では光る緑の上それぞれの色が舞うShow timeってきらきらワールドな歌詞だったのに、二番ではこんな感じであえて現実世界を歌う歌詞を割り当てられるのがシゲっぽい。シゲらしさAFURERU・・・。

 

 

第二位: ああもう戻れない 時間のせいにして

【GAME of LOVE】(シングル・Happy Birthday/初回盤収録)

 

現実主義で理屈っぽい加藤さんが己の理性と葛藤する姿・・・・(床をこぶしで殴る音) 自分自身にね、言い訳をね!言い訳をして欲しいんですよ加藤さんには!!とても真面目で頭が切れる加藤さんだからこそ、数手先まで見えてしまうから衝動的な行動には一旦ストップをかけてしまう。そこでだ;;;そこで(終電がない)とか(すごく酔ってる)とか(もう夜も遅い)とか、自分は悪くない不可抗力だっていう言い訳が欲しいわけだ;;;;;(何故か泣いてる) 素直に生きられない不器用さがとっても愛おしいでしょ?うちのドラクロワ・・・(妄想上の話です)。

 

ちなみにすごい恐ろしい話なんですが、この後の歌詞・・・なんだと思いますか?

いい?みんな白目になる準備して?

 

 

 

 

 

耳元でささやく スリルを感じて

 

 

 

 

 

第一位: 西高東低から未来を創世 そう正攻法で挑む光の方へ

【Weather NEWS】(アルバム・White収録)

 

西高東低とは大抵日本の冬の天気図として見られる気圧配置を指すもので、日本の西側に高気圧、東側に低気圧がある状態をあらわす。
これとは別に西のほうが東より高かったり、西のほうが東より強い、優れている、進んでいる、勝っている状態も西高東低という。例えば、高校野球で関西や九州など、西日本の高校で優勝が続いたり、西日本の高校が上位を占めている状態を西高東低という。(http://zokugo-dict.com/14se/seikoutoutei.htm より)

 

そもそも曲のタイトルがWeatherNEWS(=天気予報)だもんね。ラップ詞なので韻を踏むためにって意味が殆どだと思うけど、自分の都合の良いように物事を解釈するのが大得意なわたしは、ここからの加藤さんの歌い方から「負けねーぞテッペン取ってやんぞ」的な強い意志を勝手に感じています。具体的にどういう事かと言うと・・・西高東低っていう明らかに勝ち目のない状況からでも未来を見据えていく(NEWSって東か西かだったら東ってイメージだし?)、不利な状況に陥ってもあくまで正攻法で光の方(高み、テッペン)へ挑んでいく。だってこのラップ部分の終わりは

 

everybody say

we are the news

 

ハタから見たNEWSって、手越さんが主にギラギラしてテッペン取ったんぞっていう雰囲気があるけど、実は意外と奥底がたぎってるのは加藤さんなんじゃないかと。したたかに構えつつも無尽蔵なアイディアとか熱量を抱えているどこまでも策士な加藤さんが垣間見える気がして、わたし的ぶっちぎり一位。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以上

 

妄想しまくったら疲れた。

この数時間でわたしのツルい脳みそのシワが一本でも増えてたら良いと思う。

 

Twitter : @senaweathernews