◯◯らしく生きれるほど簡単じゃない

ジャニーズのアイドルグループNEWSについて崇め祭るブログ

番協レポ、なるもの (ザ少年倶楽部プレミアム)

「番協当たった・・・」という友人からのLINEを職場のトイレで見たわたしは、便器に座ってお尻丸出しの状態のまま、しばらく放心していた。
 
ザ少年倶楽部プレミアム (2017年8月18日放送分)の番協に参加させて頂いた
一緒に応募してくれた友人が当ててくれたのだ。 
 
時間がない。水曜日の夜にお知らせが届き、収録は日曜。
自担が急に「〇日後、急に時間空きそうなんだけど」「来れなければ別にイイよ、ただ次に声かけるかは分かんないけど」って言うからホイホイ予定調整したり洋服を新調したり、都合の良い女みたいな気にさせるの、そういうの嫌いじゃないチョロい女ですお父さんお母さんごめんなさい。
 
こんな貴重な機会はそうないと思いましたので、O.A.では流れなかったNEWSの様子・後説(MC)の内容を皆さんと共有したいと思います。
ご覧頂くにあたり、以下の点をご承知おき下さい
 
※収録中は基本的に手荷物NG、メモ帳などももちろん不可なので、全て記憶頼り
※よって、話の内容の時系列や発言者が間違っている場合があります
※なので「へーこんな感じの話をしてたんだ」っていうスタンスでご覧下さい
※参加された方、明らかにどこか間違っていたらぜひご一報ください・・・
※施設内や移動の様子は、セキュリティーの関係上、一切触れておりません
 
------------------------
 
 
・小山さん→まっすー→シゲ→手越さんの順で下手からステージに登場
 
・お客さんを見て、笑顔で手を振りスタンバイするコヤマステゴ
 
・一方、下を向いてズカズカと歩き、左手で背中ポリポリかきながらステージに登場する自担(世界最大級に愛おしい登場の仕方を有難う親に感謝〜;;;)
 
・わたしは下手側(小山さんサイド)ほぼ前から2-3番目
 
・ハイチェアに浅く腰掛ける小山さんの脚=地面に着いてもまだ余ってる長さ
 
・曲中、増田さんと一瞬目が合った気がしたのですが(気がしただけです、すみません)、何て言うか・・・増田さんの目つきのあまりの色気に、恥ずかしくて三十路が体育座りのまま顔を赤らめて下を向いてしまうという由々しき事態
 
・先に言うと、通しで2テイク分収録
 
・1テイク目...SUMMER TIMEイントロで、クルっとイスに座ったまま回るシゲ
 
・2テイク目もクルって回ったシゲ
 
(イントロではクルって回ろう)って決めてるシゲ
 
・一度通しで収録を終えたら、映像チェックのためNEWS・バンドの皆さんは一旦ステージからはける
 
・下手へはける直前の手越さん、オフマイクひとり言「あーヤッベ歌詞間違えた」
 
・収録進行のお兄さん「僕は喋らないので、しばらく残像に浸っていてください」
 
・番協 (残像とは・・・?)
 
・しばらくするとNEWSが再びステージへ
 
・シゲ「最後のone-for the win-の締めのやつ、俺ら(コヤマスシゲ)がジャーンってやっても締まらないってくだり、またやんのかよ」ます「二回も同じことはやんないですからね」
 
・番協 (もう分かったから、もう一回それやるの分かったから・・・)
 
・テイク2
 
・Viva la vida Brazilの入り、増田さんは「Everyone can change the world Now sing O・N・E・・・」(ゼーゼー←息切れ)で入れないらしい
 
・手越さんはwill be oneー!!の伸ばしで忙しいので、結果シゲしかViva la vida歌ってない問題
 
・手越「シゲしか入ってないんだからちゃんとやれよ」
 
・加藤「はい?笑 ・・・・そうなの、シゲしか入ってないの」「小山さんは?そもそも諦めようとするな」
 
・小山「俺はビバラビダ(低音)って下ハモでいく」「俺はシゲの口もとを見て歌ってる」
 
・はいはいコヤシゲ、コヤシゲ
 
・テイク2のone-for the win-、シゲ「ビバ...ww」コヤ「...ッビバwww」向かい合ってニヤニヤ歌うもタイミングがずれて「ビバ ビバ ラビダ ブラッジール」ビバが二回聞こえる事態
 
・コヤシゲ微笑み合う
 
・番協 (一体何を見せられt・・・・)
 
・最近の個々の活動について。24時間テレビ、いのちのうた、ほん怖。増田さんは...? 加藤「装苑
 
・増田:「装苑のアンケートで、小山とシゲがしっかりコメントのアンケートを書いてくれて嬉しかった」
 
・増田「けど手越のは、小山とシゲのコメントの1/3しかない」
 
・加藤「手越が酷いのは (増田さんの衣装でここが大事だと思ってるところは?) (←ニュアンス) の質問に「局部が隠れていること」」「大喜利じゃねーんだぞとwww」「アンケートがメールできてたんだけど、何故か手越のだけCCで回ってきて、俺らの長い回答の後ろにちょーっとだけ回答してあんの」「タクシーで見て爆笑したわ」
 
・テレビ番組の事前アンケート、手越さん「質問2と同じです」「特になし」と回答する
 
・小山「それは何か書かないとだめでしょww」
手越「だって今始めたいことはありますか?って質問、何かある?そうそう始めたいことなんてないでしょ!笑 始めたいって思ったらもうやってるから!笑」
 
・シゲ「服以外の話も聞きたい」「増田さんは、休みの日に買い物以外何やってるんですか?」ます「んー断捨離かな」シゲ「何の断捨離を?」ます「・・・・・服のww」番協(爆笑)シゲ「それ鉄板ネタみたいにすんなよwww」
 
・他の人にはあげてるのに、小山さんには結構な値段の冬物のコートを「買わない?」って売ろうとする増田さん
  
・SUMMER TIMEでの手越さんRの発音のクセが強い問題
 
・小山orます「ちょっと歌ってみて」
 
・手越「This is the summer time」←すごい巻いてる
 
・手越「I want you to know my sweet emo(r)tion←ホントはr無いのにすごい巻いてる
 
・増「シゲは "I want you to know my sweet emotion" (しゃがれながらクセ強い感じ)だから」加藤「そんな韓国人みたいな感じじゃねーわ」
 
・小山「みんなから二つくらい質問なんかを・・・」客 \きゃーーー/
 
・小山「はいでは・・・そちらのLDHが好きそうな。EXILE系の(コヤマスで一列になってChoo Choo TRAINの腕グルグル回しながら回る振付)どこから来たんですか?」
 
・男性「板橋区です」
 
・手越さん「あー!昨日花火あったよね」男性「そう」小山「そう!ってwwwww 手越の友達なの?www」手越「俺らいつも'養老の滝' (居酒屋)で飲んでるから」
加藤「やっすいとこで飲んでんな」
 
・男性「増田さんに質問です」小山「おお...笑 俺ら(増田さん以外の三人は)どうした...笑 うん、いいよ続けて...ww」男性「東京ドーム1日目を観に行ったのですが、URで何か天を仰ぐように呟いていませんでしたか?なんと言っていたのですか?」小山「記者会見みたいなしっかりした(質問)...笑」増田「特に何も...ありがとおおって叫んでただけですよ」「調子に乗っているわけではないですけど、誰かに笑われることがあってもここまで(ドームまで)来れたぞっていう」小山「でも最初、はああああいげえええい(=拝啓);;;ってなってたもん」番協 (爆笑)
 
・ここで手越さんがオーラスで泣いた話に
 
コヤマスで泣き崩れる手越さんを再現→手越「それ俺」
 
・小山「こんなんで出ていけないよおお」→ます「(スタッフさんへ)パーカーない?」
番協 (爆笑)
 
・小山も泣いてた→コヤマスが肩を組みながら、泣いている二人を支えるシゲの真似
 
・最後にコヤマスシゲ三人で、泣き崩れる手越さんの真似「どれが手越でしょーか?🎵」→三人で一歩前に出て顔を覆い、地面に崩れる→手越「全部俺www」
 
・小山「ではそちらの...ぴょんぴょんしている赤い服を着た女性」
増田さん「花びらみたいな」
 
・女性(の服)を花びらに例える増田貴久=この世に生を受けた瞬間から今現在までずっとモテてきた(確信)
 
・女性「今回の少年倶楽部プレミアムの三曲は、どのようにして決めたのですか?」
 
・小山「あー、良い質問だね」
 
・加藤「事前にスタッフさんが三パターンくらい用意してくれるの、こういうのどうですかって。そこから四人で話し合って・・・最終的には違う曲になることが多い」「今回の、「柔らかなままで」も俺たちの意見だもんね」番協「へー」小山「少プレから派生していった曲、D.T.F.とかもさ、少プレ観てなかったらいきなりNEVERLANDでD.T.F.!(低音+なぜか変顔)って何かと思うよね」「D.T.F.があんなに盛り上がってくれると思わなかった」
 
・コヤマステゴの上着(シャツ)をスタッフさんに渡す小山さん
 
・スタッフさんから、汗拭き用の真っ白のタオルを4枚受け取る小山さん
 
・端っこにいる加藤さんには、タオルを投げて渡す→シゲ:ほぼノールックでキャッチ
 
・シゲ:前髪が邪魔なのか、がさーってかきあげてオールバックのまま話し続ける
 
・増田さん:汗を拭いたタオルは片方の肩にかける (とてもカッコイイ)
 
・シゲ:汗を拭いたタオルを首にかける(DASH村かな)
 
・小山「ではそろそろ・・・」番協 \えーー!!/ 小山「いや、俺たちは全然良いんだけど、ここ(スタジオ)って俺らだけの場所じゃないから・・・」手越「みんなでお台場(地名の訂正有難う!)のラウンドワン行く?」増田「せめて渋谷にして?」
 
・増田→手越→シゲ・小山(ほぼ同時)ではける
 
・終始お客さんを直視しなかったシゲが、はける直前の直前に、顔にかかっている長い前髪の隙間からチラっとこちら側(自意識)を見たのを、わたしは一生忘れません
 
------------------------
 
こんな感じでした。
 
ひとつ、今回、わたしの中で安心したことがあって。
 
最近、自担である加藤シゲアキの活躍が目まぐるしい。
主演舞台が決まり、二年連続24時間テレビのドラマに出演が決まり、NHKの「いのちのうた」のMCのお仕事(特にあやめ、至極アメイジングでした・・・)。執筆活動も続けていて、テレビのレギュラーも毎週ある。今まで、ジャニーズアイドルがアルバムのソロ曲をジャニーズの番組(少クラ)以外で、一曲まるっと披露したなんてあったんでしょうかねええ!!?ええ??こんなにも、シゲ担でいるのが誇らしい日は無かったです・・・・・(南無)。
 
なんて言うのかな・・・「少し(いや、かなり)オタクっぽくて凝り性で、面倒くさくて、自分の持ってる世界を大事にしている、本当に心を開いている人にしか素直でいられない。器用に立ち回ることにどこか不器用な加藤シゲアキ」っていう、その面影が、目まぐるしいお仕事を通して、何か変わっていってしまうんじゃないかっていう、なかなかいちファンのエゴイズム全開な、こじらせた感情でいたのです。
 
だけど今回、恥ずかしいのか何なのか、あまりファンをステージ上から直視しなかったり(でも最後はこちらをチラっと見てはける)←ココ;;;、背中をボリボリかきながらファンの前に出ちゃうところとか、「なんだ、加藤シゲアキ、ちゃんとそこにいるじゃん」って。勝手に安心して、わたしは家に帰りました。